iTunesStoreで購入済みのアプリが邪魔 iPhoneの設定画面から削除したい

0920_00.jpg

iTunesからiPhone内のアプリを取捨選択しようとしたときに、iTunesStoreでダウンロードしたアプリがたくさんあると作業が大変だ。iTunes内に保存されている購入済みのアプリを削除して、iPhoneとの同期画面に表示されないようにしよう。

iTunesからiPhoneを開いて、インストールするアプリを選んでいるときに、過去にダウンロードしたアプリが全部表示されて、邪魔で困ったことはないだろうか。iPhoneにインストールしたアプリは、「ライブラリ」の「App」に保存されているので、ここから削除しよう。PC内のデータも一緒に削除されるので、Cドライブの容量確保になるし、iPhoneの設定画面に表示されなくなるのでスッキリする。
有料アプリの場合も、iTunesStore側に購入履歴が記録されているので、再ダウンロード時には課金が発生しないので安心。ただし、アプリ内に設定などが保存されているアプリでは、削除するとデータも一緒に消えてしまうので注意。その場合は、ファイルを残してiPhoneに表示されないようにしておこう。

■ iTunesから不要なアプリを削除する

itunesaku_01-thum.jpg パソコンにiPhoneを接続した状態で、iTunesを開くと、このようにiPhoneのホーム画面の設定ができる。左側には過去にダウンロードしたアプリが表示されているが、一度でもダウンロードしたものは全て表示されるので、数が多すぎて非常に邪魔

itunesaku_02-thum.jpg 左上の「ライブラリ」から「App」をクリックしよう

itunesaku_03-thum.jpg この「App」では、iTunes内に登録されているアプリがすべて表示される。消したいものを選んで右クリックメニューから「削除」をクリックしよう

itunesaku_04-thum.jpg 確認のダイアログが表示される。不要なアプリの場合は「ごみ箱に入れる」を選択。ただし、保存されているアプリ関連のデータも一緒に削除されるので、再度利用する可能性がある場合は「ファイルを残す」を選択する

itunesaku_05-thum.jpg 「App」で不要なファイルを消し終えたら、iPhoneを選択して「同期」をクリックしよう

itunesaku_06-thum.jpg iPhoneの設定画面で、削除したアプリが表示されなくなったぞ

Powered by WPeMatico

]]>

اترك تعليقاً

لن يتم نشر عنوان بريدك الإلكتروني. الحقول الإلزامية مشار إليها بـ *