IEで「セキュリティの警告」を表示しない方法は?非表示設定を教えて

0914_00.jpg

IEで別のページを開いたときに「セキュリティの警告」が表示されることがある。安全と分かっているページで毎度表示されるのは邪魔だが、かといってセキュリティ強度を下げるのも危険だ。インターネットオプションで、指定のページでのみ警告を非表示にしておこう。

「セキュリティの警告」は、接続先のサイトの環境によって表示される警告表示だが、よく訪れるページで毎度出てくると実にうっというしい。しかし、セキュリティの設定でこの機能を無効にすると、本当に危ないサイトを表示する際に警告が表示されなくなる。
インターネットオプションで、よく訪れるページを登録し、そのサイトでのみ「セキュリティの警告」が表示されないように設定しておこう。

■ 特定のサイトで「セキュリティの警告」が表示されない設定に

iesec_01-thum.jpg IEを開いて「ツール」から「インターネットオプション」をクリックしよう

iesec_02-thum.jpg 「インターネットオプション」の「セキュリティ」タブを開き、「信用済みサイト」を選択。「サイト」ボタンをクリックする

iesec_03-thum.jpg 「このWebサイトをゾーンに追加する」に、警告が表示されるサイトのURLを入力して「追加」をクリック

iesec_04-thum.jpg 「セキュリティ」タブに戻って「レベルのカスタマイズ」をクリックする

iesec_05-thum.jpg 「混在したコンテンツを表示する」の項目で「有效にする」をクリックしよう

Powered by WPeMatico

]]>

اترك تعليقاً

لن يتم نشر عنوان بريدك الإلكتروني. الحقول الإلزامية مشار إليها بـ *