日本「世界中が日本の食料の放射性物質検査証明書を求めている。風評被害だ!」


1: イリオモテヤマネコ(三重県) 2013/07/15(月) 12:08:01 ID:zZSCeUSS0
続く放射性物質規制、風評 日本の水産物「輸出できない」 東京電力福島第1原発事故から2年4カ月が過ぎた今も日本水産物の放射性物質による汚染を懸念し、約40の国・地域が輸入停止や検査証明書を求めるなどの輸入規制を続けている。北海道や九州など放射性物質の影響が少ない地域の水産物を規制する国もあり、漁業関係者には厳しい状況が続いている。(平沢裕子) ◆検査証明書を要求 日本から海外への水産物の輸出量は平成22年度は56万5千トンあったが、原発事故後の23年度は42万4千トンと激減。24年度は前年より若干持ち直したが、それでも44万トンで、事故前の水準に戻っていない。輸出額への影響はさらに大きく、22年度の1950億円から23年度は1736億円、24年度は1698億円と減り続けている。 日本からの輸出が回復しない理由の一つが輸入品に対する各国の放射能規制だ。 農林水産省によると、日本全体、または福島県など一部の地域を限定して日本からの水産物(一部も含む)の輸入を停止しているのは中国やシンガポールなど約10カ国。それ以外の国・地域でも産地証明や放射性物質検査の証明書の提出を求めている。検査には時間と手間がかかり、検査費用は輸出側が負担しなければならないなど漁業者らには大きな負担となっている。 韓国は事故後、北海道や愛媛、熊本など16都道県の水産物について放射性物質検査の証明書提出を義務付け、検査の際の放射性物質の検出限界値を1キログラム当たり0・7ベクレル以下にするよう求めている。韓国内の食品の放射性物質の基準値は同100ベクレル以下で、表向きはそれ以下なら輸出が可能といえる。ただ、実際は韓国側の輸入業者の多くが検出限界値以下(ND)を求めるといい、日本からの輸出が難しい状況が続いている。 北海道漁業協同組合連合会(札幌市中央区)の斎藤規維(のりゆき)参事は「韓国のマスコミを呼んで検査体制を見てもらうなどしたこともあるが、
風評被害はなかなかなくならない。国として日本の水産物の安全性をもっと海外にアピールしてほしい」と訴えている。 http://sankei.jp.msn.com/life/news/130715/trd13071508360004-n1.htm


2: スペインオオヤマネコ(新疆ウイグル自治区) 2013/07/15(月) 12:08:34 ID:eUwV3Faq0
黙って証明出せばいいのに

Powered by WPeMatico

]]>

اترك تعليقاً

لن يتم نشر عنوان بريدك الإلكتروني. الحقول الإلزامية مشار إليها بـ *